福岡市の休業家賃補助って…まさか対象外なんじゃ…

3月末より休業している〈学び舎しおらぼ〉ですが、家賃支払いはくるわけで…あとどれだけ休業が続くんだろうか。いや、再開しても元の収益には戻れないだろう…と、経営者として不安で眠れない日が続いています。

そこへ!!
福岡市がテナント料に苦しむ事業者に向けての救いの手を打ち出してくれましたー;;

緊急事態宣言に伴う事業継続に向けた店舗への家賃支援(新型コロナウイルス感染症対策)

緊急事態宣言を受けて休業を余儀なくされている事業者に向けて、1か月ぶんだけ8割の家賃を補助してくれるというもの。

これで…なんとかなるか?!

といろいろと調べていたところ。。。

ん?「福岡県の協力要請を受けて」?

要請を受けてないと対象じゃない??

しおらぼは、「学習塾」に該当できるかもしれん…。

んんんー??

床面積100㎡以下は「適切な感染防止を求める」??!

けっこう広いウチのとこでさえ、建物の床面積は66㎡です。

これじゃあ、、小さい学習塾やピアノ教室、公文やそろばん教室は全部対象外ですよ!!!

100㎡以上も面積がある囲碁将棋教室とか、英語教室、書道教室ってどこよ…。

(福岡市みたいな都会にそんな大きな場所借りれるとか、すごく大手じゃない?)

なんてことだ…適切な感染防止って、換気、手指の除菌、距離を取る、とかでしょう??

100㎡以下では、適切な距離も取れないし、そもそも営業してても外出自粛では皆さんお休みしますし。

なんか期待した分騙された感が。。

まだ最終決定ではないため、わかりませんが期待薄いですね。

やはり自分の身は自分で救うしかない。

<2020.4.20追記!!>

県や市に問い合わせたところ、以下のことがわかりました。

・レンタルスペースについては休業要請該当する(県からの回答)
・100平米以下のお稽古施設については「現在協議中」(市からの回答)

うちのような「レンタルスペース兼お稽古施設」は珍しく、全額ではなく夕方の放課後お稽古時間帯を除いた時間で休業補償?などというケースになる可能性が出てきました。

注意深く情報を待ちたいと思います。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。